読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kontaの歓びの毒牙

映画と音楽が大好きです。ホームページ KONTABLOID はこちら http://www5d.biglobe.ne.jp/~ktabloid/

ユーミンなんてバブルガム

ユーミン 松任谷由実 Yuming 荒井由実 Yumi Matsutoya

ウソで~す。
それを言うなら

どうせチューイングガム
つきあえるもの好きは誰

よね? 俺はどこまでもユーミンについていくぜっ!

 

f:id:KONTA:20130402163925j:plain

 

 先日、神戸元町であった「ドイツ語で話す会」の後、お友達と三宮でランチとお茶したんだけど、その時、その人が持ってきてくれた本

「ザ・フィフティーズ / The 50's 最高にゴージャスなアメリカン・スタイル」
馬場啓一監修 実業之日本社 1986年8月16日発行 定価980円

を、見せていただいて見つけたこの上↑のイラスト(本の97頁)。もうビックリ!

  馬場啓一さんがお書きになった「フィフィティーズのライフスタイルはアメリカン・ウェイ・オヴ・ライフ」という記事の一部です。ホイットマンのチョコレート(Whitman's Chocolates)の広告イラスト、ユーミン(松任谷由実 / 荒井由実)の1980年12月1日発売アルバム「SURF & SNOW VOLUME ONE」のジャケットの元になったものなんですね~。僕としたことが、これは初めて知りました。遅い?

 

f:id:KONTA:20130402163821j:plain

 こちら↑は、雑誌「POPEYE / ポパイ」93号 / 1980年12月25日号の42頁に掲載されたアルバムの広告。懐かしいわ~。

 それでもって、この「ポパイ」の広告左下の文章の部分をよ~く読んでみると

A WOMAN NEVER FORGETS THE MAN WHO REMEMBERS.

いっていうコピーまで Whitman's の広告と同じ(字が小さいけど読める?)なんですね。ある意味…、素敵ですわ。

 

 この件で思い出して、久々に僕のユーミン・ファイルから関連レア?グッズを取り出してみました。

 

f:id:KONTA:20130402164100j:plain

  これ↑、LPやCDのアルバム・ジャケットじゃないのよ~。1981年に出ていた

ロッテ バブルガム ヒットポップス ¥80

という縦7.5センチX横7.5センチのミニ・レコード・ジャケットに
レコード盤型のガムが入ったお菓子のパッケージなんです。

 

f:id:KONTA:20130402164134j:plain

 

 裏面↓には「彼から手をひいて」の歌詞が掲載されています。

 

f:id:KONTA:20130402164341j:plain

 

 このシリーズは他にも1980年~1981年発表のこんなレコードのガムがあったようです。

ABBA「Super Trouper」
TOTO「Turn Back」
郷ひろみ「プラスティック・ゼネレーション」
BILLY JOEL「Glass Houses」
BLONDIE「Autoamerican」
KISS「Unmasked」
もんた & ブラザーズ「Half & Half」

 

f:id:KONTA:20130402164227j:plain

 

 ユーミンの「サーフ&スノウ」ガムは、僕がユーミンに夢中なのを知っていた高校のクラスメートが当時、見つけてきて僕にプレゼントしてくれたものです。中のガムは確か薄いピンクのレコードの形でした。

 

f:id:KONTA:20130402165741j:plain

  Whitman's のオリジナルの広告は1951年のものだとか…。
上のポスター(縦33センチ×横25センチ)がオークションに出てたので、早速落札しちゃった!送料込みで¥2515、安い?

 

 「サーフ アンド スノウ」といえば、アルバムが出た時のユーミンのツアー「SURF & SNOW」の大阪公演ももちろん2日続けて行きましたわ。
1980年12月27日(土)、12月28日(日) 大阪厚生年金会館大ホール

 このツアーの札幌公演(1981年1月13日)の記事が、そういえば雑誌「POPEYE / ポパイ」98号 / 1981年3月10日号の144~145頁に載っていたな…。写真のみだけど掲載してあげましょ。このツアー・パンフレットに中島みゆきが、ユーミンについて、と~っても素敵な文章を寄せているんだぜ~。

 

f:id:KONTA:20130404120040j:plain

  オープニングは巨大なドレス↑で「ルージュの伝言」。
スカート部分はセットで、この恰好のままでユーミンは歩くことは不可能なんだわ。

 

f:id:KONTA:20130402164521j:plain

 「人魚になりたい」(上左の写真)はバスタブにつかりながら…。なんて素敵な脚なんでしょ。

 

f:id:KONTA:20130402164545j:plain

 コーラスは、伊藤松美、竹田津由美子のお二人↑。シルヴィ・ヴァルタン(Sylvie Vartan)の「ワンサカ娘」(作詞作曲:小林亜星)の替え歌「ユーミン娘」を歌ってくれました~。

 

f:id:KONTA:20130402164622j:plain

 「星のルージュリアン」と「恋人はサンタクロース」はオスカル様風のこの衣装↑で。

 

 ついでだから、大阪公演でやった曲目もアップしちゃいます(曲順はちょっとあやしいけど、コンサートのあとすぐメモしたものなので曲は間違ってないよ~。)

ルージュの伝言
人魚になりたい
避暑地の出来事
Corvett 1954
稲妻の少女
かんらん車
雨に消えたジョガー
サーフ天国、スキー天国
雪だより
海を見ていた午後
星のルージュリアン
恋人がサンタクロース
ロッヂで待つクリスマス
12月の雨
真冬のサーファー
14番目の月
DESTINY
埠頭を渡る風
DESTINY

 

f:id:KONTA:20130402164305j:plain

 このコンサートでユーミン、「避暑地の出来事」を歌ってくれたので、トロイ・ドナヒュー(Troy Donahue)のグラビアとガム・パッケージを並べてみました。

 

 ちなみに、コンサート・ツアーのバック・バンドは

新川博 キーボード
市川祥治 ギター
石井治郎 ベース
重田真人 ドラム
水谷啓二 サックス、フルート、パーカッション

という方々でした。

 

 その後、ネットで検索して色々情報見つけました。
もうみんなご存知のことだったのね~。

 

f:id:KONTA:20130403000000j:plain

 ネットで見つけた画像↑、まさしくこれへのオマージュ(ぐふふ)なのサ。イラストは Jon Whitcomb (ジョン・ウィットコム)という方のものだそう。

 ユーミンのジャケットは、浅沼テイジさんですね。
ユーミンと同じ多摩美術大学出身、ユーミンより2歳年上。

浅沼テイジさんについてはこちら:

http://www.nekoten.net/asanuma/asanumatop.html

 

 「SURF & SNOW VOLUME ONE」のジャケットについて、もうとっくに書いている方がおられました:

http://goodtimegraphics.seesaa.net/article/198954324.html

http://music.geocities.jp/yuming_release_concert_2006/disco/album/10.html


ホイットマン・チョコレートについて書いてる方は:

http://hozecamp.exblog.jp/6539609/


ホイットマン・チョコレートのHPは:
Whitman's Chocolates, Samplers and Candies
http://www.russellstover.com/jump.jsp?itemType=CATEGORY&itemID=5


ロッテ バブルガム ヒットポップス について書いている方は:

http://harrisonsimmons.blog4.fc2.com/blog-entry-646.html

 

Jon Whitcomb ってこんな方:

http://en.wikipedia.org/wiki/Jon_Whitcomb

http://todaysinspiration.blogspot.jp/2006/10/whitcombs-boy-toys.html


 “皆さ~ん、ジジババになっても、

    忘れないで、ときめくホリディを!”

 

SURF&SNOW

SURF&SNOW

スーパー・トゥルーパー・デラックス・エディション(DVD付)

スーパー・トゥルーパー・デラックス・エディション(DVD付)

ターン・バック

ターン・バック

グラス・ハウス

グラス・ハウス

オートアメリカン(紙ジャケット仕様)

オートアメリカン(紙ジャケット仕様)

仮面の正体(紙ジャケット仕様)

仮面の正体(紙ジャケット仕様)