読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kontaの歓びの毒牙

映画と音楽が大好きです。ホームページ KONTABLOID はこちら http://www5d.biglobe.ne.jp/~ktabloid/

ライザ・ミネリ 「RESULTS」

周りの男はゲイばかり…なんでやねん?

 ライザ・ミネリ(Liza Minnelli)が1989年に発表した話題作。キッスのジーン・シモンズ(Gene Simmons)をレコーディング・マネージャーに、ペット・ショップ・ボーイズをプロデューサーに迎え、それまでのライザのアルバムとは違った魅力を見せた意欲作です。ペット・ショップ・ボーイズの2人が書いた曲が7つで、そのうち「TONIGHT IS FOREVER」と「RENT」の2曲は、彼らが既に発表していた曲のカヴァー。彼ら以外の曲では、ソンドハイムのミュージカル「FOLLIES」ASIN:B000002SNP からの「LOSING MY MIND」、イヴォンヌ・エリマン(Yvonne Elliman)ASIN:B00005A1GQ の1979年のディスコ・クラシック「LOVE PAINS」、そしてタニタ・ティカラムASIN:B000002LGK の「TWIST IN MY SOBRIETY」を採り上げていて、これらの名曲がアルバムのよいアクセントになっています。
 他にも「IF THERE WAS LOVE」には、ライザが朗読するシェークスピアのソネットが、「TWIST IN MY SOBRIETY」の始めと終わりには、ライザのテーマ曲「LIZA WITH A "Z"」の歌詞がラップで付け加えられていたりと、随所に趣向が凝らされていて、古くからのファンにもアピールできるような気遣いも忘れていません。ライザの歌唱はかなり抑え気味ですが、この歌い方が曲とバックの音に合っていて、なかなか魅力的な仕上がりになっているのではないでしょうか。確かに音的には、今聞くと'かなり80年代的…'な感もありますけど…(笑)。
 そしてアルバムのカバー写真はデヴィッド・ラチャペル(David LaChapelle)が撮影していて、こちらもライザの違った一面を捉えているようでいいですね〜。ライザのこのメイクを担当したのは今は亡きケヴィン・オークイン(Kevyn Aucoin)ISBN:0316286850 だす。
 CDは現在でも入手出来ますASIN:B0000026SH。またDVDとボーナス・トラック付きリマスター盤ASIN:B0002TLBRU がUKで2005年に発売されました。人気作ということですよね。

 

  • RESULTS (1989)

PRODUCED BY PET SHOP BOYS AND JULIAN MENDELSOHN


01. I WANT YOU NOW (Chris Lowe, Neil Tennant)
02. LOSING MY MIND(From "Follies") (Stephen Sondheim)
03. IF THERE WAS LOVE (Chris Lowe, Neil Tennant)
THE POEM : SONNET 94 (William Shakespeare)
04. SO SORRY, I SAID (Chris Lowe, Neil Tennant)
05. DON'T DROP BOMBS (Chris Lowe, Neil Tennant)
06. TWIST IN MY SOBRIETY (Tanita Tikaram)
INTRO : LIZA WITH A "Z" (John Kander, Fred Ebb)
07. RENT (Chris Lowe, Neil Tennant)
08. LOVE PAINS (Steve Barri, Harvey Price, Dan Walsh)
09. TONIGHT IS FOREVER (Chris Lowe, Neil Tennant)
10. I CAN'T SAY GOODNIGHT (Chris Lowe, Neil Tennant)