Kontaの歓びの毒牙

映画と音楽が大好きです。ホームページ KONTABLOID はこちら http://www5d.biglobe.ne.jp/~ktabloid/

ライザ・ミネリ 「LIZA! LIZA!」

お肌がコラーゲンではちきれそうな私!

 「ボーイ・フロム・オズ/THE BOY FROM OZ」日本版公演決定記念ということで、こじつけて(笑)ライザ・ミネリ(Liza Minnelli)のアルバムを簡単に紹介していきたいと思います。

  • LIZA! LIZA! (1964)

PRODUCED BY SI RADY
ORCHESTRA ARRANGED AND CONDUCTED BY PETER MATZ


(A)
01. IT'S JUST A MATTER OF TIME (R. Everitt, L. Stith)
02. IF I WERE IN YOUR SHOES (John Kander, Fred Ebb)
03. MEANTIME (Robert Allen, Al Stillman)
04. TRY TO REMEMBER (Tom Jones, Harvey Schmidt)
05. I'M ALL I'VE GOT (Milton Schafer, Ronald Graham)
06. MAYBE SOON (R. Everitt, L. Stith)

(B)
01. MAYBE THIS TIME (John Kander, Fred Ebb)
02. DON'T EVER LEAVE ME (Jerome Kern, Oscar Hammerstein)
03. THE TRAVELIN' LIFE (Marvin Hamlisch, Howard Liebling)
04. TOGETHER WHEREVER WE GO (Jule Styne, Stephen Sondheim)
05. BLUE MOON (Richard Rodgers, Lorenz Hart)
06. I KNEW HIM WHEN (Harold Arlen, Ira Gershwin, E.Y. "Yip" Harburg)

 
 ライザ・ミネリ、1964年発表のファースト・アルバム。アレンジをピーター・マッツが担当しているからか、どこか‘初期のバーブラ’っぽいんです。若さではちきれそうな、とっても気持ちいい歌唱を聞かせてくれます。「MAYBE THIS TIME」はライザの代表曲ですが、この曲、僕はずっと映画「キャバレー」ASIN:B0000CCNGK にライザが主演した時に、カンダー&エッブのコンビが映画の為に特別に書き下ろしたんだと思っていましたが、実はすでにこのファーストに収録されていた曲なんですね。「THE TRAVELIN' LIFE」は、マーヴィン・ハムリッシュが最も初期に書いた曲の1つ。
 このアルバムは、後に「I'M ALL I'VE GOT」と「BLUE MOON」の2曲をカットして、カバー写真も変え「MAYBE THIS TIME」タイトルで、LPでもCDでも日本盤で出ていました。現在は「THE CAPITOL YEARS」ASIN:B00005ABXP というUK盤で全曲聴くことが出来ます。