読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kontaの歓びの毒牙

映画と音楽が大好きです。ホームページ KONTABLOID はこちら http://www5d.biglobe.ne.jp/~ktabloid/

藤真利子が語るユーミン

ユーミン 松任谷由実 Yuming 荒井由実 Yumi Matsutoya 藤真利子 Mariko Fuji 微美杏里 Vivi Enleigh

 藤真利子さんのアルバム再発記念ということで、真利子さんのユーミン(松任谷由実 / 荒井由実)関連の記事を集めてみました。

 

f:id:KONTA:20140131145302j:plain

藤真利子 Mariko Fuji & 松任谷由実 Yumi Matsutoya

ユーミンの初期の頃からのファンという真利子さん、歌手デビュー曲もユーミンが作曲した「シ・ナ・リ・オ」(1979年6月21日発売)でした。これは、その翌1980年に二人が初顔合わせした時の模様。

 

f:id:KONTA:20140131145237j:plain

「スキャンダラスに生きてみたい 完熟!華麗トーキング 松任谷由実 VS 藤真利子」というこの記事は、雑誌「週刊明星」の1980年9月14日号より。

 

f:id:KONTA:20140131145203j:plain

この切り抜きは当時、僕の高校のクラスメートが見つけ、切り取って持ってきてくれたもの。ちょっと切り方と折シワが気になったけど、感謝です。

 

f:id:KONTA:20140131145133j:plain

“恐怖のオッパイ事件”の詳細(?)はこちらを見てね。

http://k0nta.hatenablog.com/entry/2014/10/08/230138

http://www5d.biglobe.ne.jp/~ktabloid/FujiMariko.htm

 

 f:id:KONTA:20140131144703j:plain

1981年の「水の中のASIAへ」コンサート・パンフレットにも真利子さんのコメントが…。この頃の真利子さん、松田光弘さんの「NICOLE」がお気に入りでしたよね。

‘あげはの伝説

あげは蝶の化身ユーミンは、数々の伝説を持つ。その幻のような伝説に惑わされながらも私はユーミンに出逢った。本物のユーミンはそんな伝説を吹っ飛ばす“魔女”であった。’

 

f:id:KONTA:20130903214111j:plain

そして、真利子さんの一番好きなユーミンの歌は…。

 

f:id:KONTA:20140131144910j:plain

雑誌「月刊カドカワ」(1988年1月号 36頁)「私の好きなユーミン・ソング」。

 

f:id:KONTA:20140131144838j:plain

いじわる姉妹、真利子とユーミン…?

 

f:id:KONTA:20140131144808j:plain

これは雑誌「non・no / ノンノ」1984年4月20日号 142頁より。とじ込み保存版「松任谷由実 いくつになっても やっぱりユーミン!」。

 

f:id:KONTA:20140131144737j:plain

林真理子さん、漫画家の吉田まゆみさん、真利子さんの3人が、ユーミンについて座談会をしています。

 

 f:id:KONTA:20140131145105j:plain

雑誌「月刊カドカワ」(1990年1月号 41頁)「あなたにとって“恋の任侠”とは何ですか?」という質問に答える真利子さん。

 

 真利子さんはセカンド・アルバム「浪漫幻夢」(1981年)で、ユーミンの「シーズンオフの心には」と「雪だより」を歌っています。これはLPの歌詞カードより。

f:id:KONTA:20140131144435j:plain

“ゆうみんのんはどんとのん”だったのですね。

 

 藤真利子さんの全5枚のアルバム、先日、久しぶりに聴き直してみたのですが、その魅力に改めて心を奪われています。再発は2014年3月19日、ぜひ聴いてみてください。超お勧めですよ。

 

ユーミンが語る藤真利子」はこちら:

http://k0nta.hatenablog.com/entry/2014/08/03/142118

 

浪漫幻夢

浪漫幻夢

 
狂躁曲+1

狂躁曲+1

 
アブラカダブラ+1

アブラカダブラ+1

 
ガラスの植物園

ガラスの植物園

 
紅雀

紅雀

 
時のないホテル

時のないホテル

 
水の中のASIAへ

水の中のASIAへ

 
LOVE WARS

LOVE WARS

 
POP CLASSICO(初回生産限定盤)(DVD付)(特典なし)