読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kontaの歓びの毒牙

映画と音楽が大好きです。ホームページ KONTABLOID はこちら http://www5d.biglobe.ne.jp/~ktabloid/

吉田美奈子とユーミン

ユーミン 松任谷由実 Yuming 荒井由実 Yumi Matsutoya

 ユーミン(松任谷由実 / 荒井由実) と吉田美奈子さん、デビュー時期も一緒、バックを担当したのも同じキャラメル・ママ(ティン・パン・アレー)。ふたりの関係ってどういうものなのかしら~と思っている方も多いんじゃないかな。それで、こんな資料をアップしてみました。

 

f:id:KONTA:20130430112121j:plain

1981年のユーミンと美奈子のライヴ。俺、どっちも行ったのさ~。

 

f:id:KONTA:20130430112051j:plain

 美奈子のコンサート、最初は1981年5月21日(木)に予定されていたのが、7月16日(木)に変更になったようです。チケットは日付が書きかえてありますね。当時、僕は高校3年だったんだけど、その日は夏休み前の実力テストがあって、それが終わってからこのライヴへ行きました。美奈子の歌がよかったのはもちろんだけど、ライティングがとても美しく、歌ってる美奈子もすごく色っぽかったよ~。場所は大阪ミナミの御堂会館ね。

 

f:id:KONTA:20130430112025j:plain

これはユーミンが、美奈子のアルバム「KEY」(1996年) の宣伝用リーフレットに寄せた言葉。

 

f:id:KONTA:20130430111952j:plain

こちらは、美奈子からユーミンへ。1996年12月5日の朝日新聞の2面全部使った荒井由実ライヴ・アルバムの広告に寄せたメッセージ。

 

f:id:KONTA:20130430172528j:plain

↑ちょっと読みにくい?(HMVフリー・ペーパー「the music master」1999年のたぶん5月号の38頁 矢野顕子編集「月刊アッコちゃん」第5回 特集:GIRL FRIENDS FOREVERより)ユーミンが美奈子について語っています。

 “この間も本当に久しぶりに吉田美奈子に会ったんです。ひょっとしたら、ちゃんと話すのはそれこそ10年ぶりくらいだと思いますが、やっぱり関係は変わってなくて、むちゃくちゃ楽しかったですよ。私にとっての親友と呼べる人は、みんな憧れる部分を持っているし、知らない世界を見せてくれます。さり気ない会話の中にもそういうことを感じることができます。”

f:id:KONTA:20130430172557j:plain

 

 ユーミン作曲、美奈子作詞で作った田原俊彦さんの1985年のヒット曲「銀河の神話」、僕は大好きなんですわ。すごくいい曲だと思うし、マンタ(松任谷正隆)さんのアレンジも、キラキラ輝いていて大好き!またいつか美奈子とユーミン、共作してほしいわ~。そうそう、マンタさんは “美奈子の音楽が早稲田とすると、由実さんは慶応みたいな感じ” って言ってたよね。この表現、面白い!なんかわかるわ~。どっちも名門で一流ってことよね(なのか?)。     

 ところで、アナタは早稲田の男と慶応の男、どっちが好みかしら~?え、アタシ? どっちもイケるわ(と、とりあえず言っておこうかしら…)。

 

その松任谷正隆さんインタビューはこちら:

http://www.musicman-net.com/relay/87.html

 

ひこうき雲

ひこうき雲

扉の冬+3 (紙ジャケット仕様)

扉の冬+3 (紙ジャケット仕様)

COBALT HOUR

COBALT HOUR

MINAKO

MINAKO

水の中のASIAへ

水の中のASIAへ

モノクローム

モノクローム

田原俊彦A面コレクション

田原俊彦A面コレクション