読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kontaの歓びの毒牙

映画と音楽が大好きです。ホームページ KONTABLOID はこちら http://www5d.biglobe.ne.jp/~ktabloid/

ユーミン ステージはノーパンよっ!

ユーミン YUMING SCRAPBOOK 1980

 ユーミン(松任谷由実 / 荒井由実)のコンサートは、「OLIVE」以降今までず~と観ています(その中で2つどうしても行けなかったものがあったけど、大阪で公演されたものは、その2つを除き、全て最低1回は観ました)。そして今まで観た中で、僕が一番好きなコンサートが、今回ここで紹介する「BROWN'S HOTEL」(ブラウンズ・ホテル)なんです。でも一番好きとか言いながら、ちゃんとした詳しいメモが残ってないんですわ。それは感激しすぎて、このコンサートの全貌を書き残すのはとても無理と、当時無力感に襲われたからだと思います(ホンマか?)。

 コンサートは、1980年6月7日(土)に大阪厚生年金会館大ホールで行われました。

 コンサートのチケットですが、1980年3月12日(水)に電話予約し、翌3月13日(木)に西梅田マルビルのプレイガイドに取りにいったら、なんと前から2列目の席だったんです!。これは嬉しかったですね~。S席2500円。その日はチケットを受け取ったあと、大阪心斎橋ソニータワーへ寄って、当時3階にあった無料シアターにて「荒井由実の世界」というフィルム(ビデオ?)を観ました。ここはリストにある番組の中から見たい作品をリクエストすると、観客がたとえ一人であっても、希望の映像を上映してくれたのです。若きユーミンの姿、コンサートの様子はもちろんですが、「紙ヒコーキ」のプロモ・ビデオや、「雨のステイション」の舞台となった駅の景色にユーミンのコメントがかぶさるような映像が含まれた作品だったと、記憶しています(あいまい)。これ、もう一度みたいですわ~。

f:id:KONTA:20130419224457j:plain

 さて、コンサートですが、今回は詳細は残念ながら書けませんが、大阪公演でやった曲目等だけはしかり記録してありました。これはもう皆さんご存知のことですが、舞台のセットはロンドンの歴史あるホテル(ブラウンズ・ホテル)で、回転扉とエレベーターがステージ左右にありました(たぶん…)。

オープニングは

雨のステイション

その後は、

天気雨

中央フリーウェイ

最初は、どんな衣装だったかな~。「雨のステイション」の時は、おとなし目の姿だった気がします。コートを着ていたのではないかな~?それにロンドンが舞台だから、やっぱり雨傘を持っていたかも???(この辺、思い込み勘違いの可能性大…)。 何曲か歌ったあと、回転扉に入って一瞬ですぐ出てくると、上のような白髪の過激な格好に変身していたんです。歌は、

白日夢・DAY DREAM

セシルの週末

地中海の感傷

と続きました。

「セシルの週末」はまだリリースされていず、この時初めて聞く新曲でした。…you want to marry me…の歌詞が耳に残りました。

 続く弾き語りのコーナーでは、会場からお客さんを5名ほど舞台に上げ、ステージに置かれたテーブルと椅子でその方たちに紅茶とケーキをご馳走しながら、リクエストに答えるという、なんとも贅沢な企画になっていました。リクエストで歌った曲は、

海を見ていた午後

雨の街を

ひこうき雲

でした。ひとり男性が「よそゆき顔で」をリクエストしたのですが、“その曲、後でするから…。”ということで、別の曲になりました。かなり弾き語りを時間かけてやってくれました。トークも長くて楽しかったと思います。ゆったりリラックス・ムードで進みました。

そして、(たぶん)ここで舞台上のお客さんがまた席に戻り、その後も引き続き弾き語りで新曲の、

5cmの向う岸

そして、

よそゆき顔で

を歌ってくれました。「5cmの向う岸」は皆が初めて聴く曲でしたが、明るい笑いが客席から起こっていました。「よそゆき顔で」の途中からまたバンドのメンバーが、演奏に加わったと思います。そしてユーミンは、衣装を替えて、

f:id:KONTA:20130419224431j:plain

この上のお姿で、

ESPER

を歌ってくれました。この衣装いいでしょ?緑とピンクの組み合わせがポップで素敵!ユーミンの抜群のスタイルだから着こなせるコスチュームです。デザインは伊藤佐智子さん。そしてこの曲の途中で、まぁ、ユーミンもバンドのメンバーも宙吊りになり、下の写真のような姿で「ESPER」を歌い続けました。

f:id:KONTA:20130419224407j:plain

バンド・メンバーもこれで演奏しているのだから、スゴイですよね~。続いて、

14番目の月

78

翳りゆく部屋

で、幕となりました。このコンサートの選曲もすごくいいでしょ?好みなんですわ~。下の衣装も大胆!これ遠目にみると、丸裸に見えるんですよ~。いまだに ‘ユーミンのプロポーション’ といえば、僕にとってはこの時のイメージなんです。バツグンだわね~。ちなみにユーミン、“ステージはノーパンですよ” とのことです…(雑誌「週刊朝日」1980年6月27日号78頁 津川雅彦との対談での発言)。キャア!

f:id:KONTA:20130419224339j:plain

その後、アンコールが3回ありました。

COBALT HOUR

DESTINY

客は大興奮して総立ちになっていましたね~。これ以前僕が観た「OLIVE」「魔法の南瓜物語」では、お客さんがみんな立ち上がるなんてことはなかったんですよ~。そして最後に

雨のステイション

をもう一度歌ってくれて、コンサートは終わりました。ごめんね。かなり不確かな記憶の情報で…。

 終了後、コンサート会場で配られたアンケート用紙(雲母社作成)に、興奮状態のまま色々感想を書きなぐって、その用紙を提出して帰りました。神経高ぶってたので、字がもうぐちゃぐちゃ…。あのアンケート回答、読めたのかしら?

 

この下は、このコンサートの宣伝の切り抜き。

f:id:KONTA:20130419224259j:plain

当時、この “愛ーあこがれ 夢ーユーミン” のコピー、ラジオのCMでも流れていました。

f:id:KONTA:20130419224225j:plain

森脇美貴夫さんが、文を寄せています。この方、僕よく知らないのですが、パンク・ロック関係の方なの?

f:id:KONTA:20130419224157j:plain

会場では、下のようなチラシももらいました。手書きというところが、なんとも時代ですね。先着100名様予約特典、マミー・ポシェット(ビニール製小物入れ) -当会場で展示中- とニュー・ポスターですって…。昭和55年のことで~す。

 f:id:KONTA:20130420115528j:plain

下はレコードのリリース情報誌(LPを買うと当時よくレコード屋でタダでもらえた小冊子)からの切り抜き。

f:id:KONTA:20130419224124j:plain

アルバム「時のないホテル」発売2週間前に行われた「BROWN'S HOTEL」大阪公演でした。やっぱりユーミン、オンリー・ユーよ!

 

伊藤佐智子さん ロング・インタビュー:

http://www.nhk.or.jp/drama/shirasujirou/html_shirasu_sp_fashion.html

 

今回の写真も全て Kontaユーミン・ファイル からのものです。

 

f:id:KONTA:20140412061604j:plain

(2014年4月12日追加:お友達の竜作さんが見つけ、スキャンして送ってきてくれた画像↑。1980年8月号の雑誌「バラエティ」からだそうです。感謝! そうそう、テレンス・ラティガン Terence Rattigan の1943年の戯曲「お日様の輝く間に / While The Sun Shines」の中にブラウンズ・ホテルのことが出てくるよ。)

 

時のないホテル

時のないホテル

 
ラティガン戯曲集 (1967年) (原書房・100冊選書)

ラティガン戯曲集 (1967年) (原書房・100冊選書)