読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kontaの歓びの毒牙

映画と音楽が大好きです。ホームページ KONTABLOID はこちら http://www5d.biglobe.ne.jp/~ktabloid/

ユーミンの「チャイニーズ・スープ」の編曲は?

ユーミン 松任谷由実 Yuming 荒井由実 Yumi Matsutoya

20年代の曲なんていい所に目をつけたね

 ひさびさにユーミン(荒井由実/松任谷由実)ネタです。

 1978年ぐらいからユーミン関係の雑誌の切り抜きや資料を自分でまとめているファイルがあって、先日ちょっとそれを整理していたら、中から僕がメモ書きした紙が出てきました。昔、ラジオを聞いていたら、ユーミンの「CHINESE SOUP/チャイニーズ・スープ」のアレンジ(もちろん松任谷正隆氏によるもの)ASIN:B00005GMFO は、'○○の曲からのまったくの引用である'というようなことを話している人がいて、大急ぎでその人が言っていることを殴り書きしたのです。その紙には'ベニティーラング'と鉛筆で書いてありました。メモを発見したので、ずっと気になっていたその元曲を、早速ネットで調べてみることに…。
 最初'ベニティーラング チャイニーズ・スープ'で検索しても何も出てこなかったので、次に'ラング チャイニーズ・スープ'で検索したら、情報が1件だけ出てきました!

その情報はこちらからいただきました:
http://melma.com/backnumber_10318_1816907/

 正確にはジョー・ヴェヌーティ(Joe Venuti)とエディ・ラング(Eddie Lang)というお2人の名前だったのですね。バイオリンのヴェヌーティとギターのラング、2人で作った「ペン・ビーチ・ブルース/PENN BEACH BLUES」がその曲と判明。早速CDも取り寄せましたASIN:B000065VC8 (アマゾンで試聴可)。で、アレンジなんですが、ゲゲッ、ほとんどそのままやがな〜(ユーミンの歌が入ってる部分以外)。現代なら'サンプリング'と言えるほど…。「チャイニーズ・スープ」は吉田美奈子さんのヴァージョン(編曲:佐藤博)ASIN:B00005EHLE もなかなか面白いんですが、やっぱり僕にはユーミンのこのヴァージョンが一番で〜す。1927年のこんな曲を知っていて引用した正隆さん、やっぱりスゴいセンスの持ち主!ということで(笑)。
 マンタさんの編曲って大好きなんですが、他にも、これはあの曲を参考にしたのかしら?と思わせるものが時々ありますねぇ。「シンデレラ・エクスプレス」はバーブラの「GUILTY」ASIN:B0000025JT、「帰愁」はケニー・ロギンスの「LADY LUCK」ASIN:B00000259D、「LAUNDRY-GATEの想い出」はボブ・ジェームズの「WE'RE ALL ALONE」ASIN:B000002N0H、「星のルージュリアン」はベン・シドランの「HI-FLY」ASIN:B00005LLAV、そしてハイ・ファイ・セットが歌った「荒涼」はビル・エヴァンスの「LULLABY FOR HELENE」ASIN:B00000DLUO など…。
 自分が好きなもの、自分を感動させるものについて、もっと知りたいといつも思っている僕(そんな前向きなんか?)、こんなことを書いたからといって、決して知識(って言える?)をひけらかしているわけではないっスよ!(オホホ)。


 これまで書いてきたライザ・ミネリ(Liza Minnelli)のアルバム紹介をまとめました。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~ktabloid/liza_minnelli.htm

COBALT HOUR

COBALT HOUR

Penn Beach Blues (Venuti-Lang)

Penn Beach Blues (Venuti-Lang)

MINAKO

MINAKO

Guilty

Guilty

未来への誓い(紙ジャケット仕様)

未来への誓い(紙ジャケット仕様)

Heads (Reis)

Heads (Reis)

All Around the Town (Reis)

All Around the Town (Reis)

Cat & The Hat

Cat & The Hat

From Left to Right

From Left to Right