Kontaの歓びの毒牙

映画と音楽が大好きです。ホームページ KONTABLOID はこちら http://www5d.biglobe.ne.jp/~ktabloid/

ライザ・ミネリ 「LIVE FROM RADIO CITY MUSIC HALL」

この輝きを私が取り戻す迄応援しなさい

 ライザ・ミネリ(Liza Minnelli)が1991年の4月末から5月にかけて3週間、ニューヨークのラジオ・シティ・ミュージック・ホール(6000人収容)で行なったショー「STEPPING OUT」(映画と同タイトルですが別内容)は大好評で、その後数週間追加公演もあったそう。そのショーが翌1992年の始めに改訂版として同ホールに戻り、テレビ放映用に撮影され、またライヴ盤としてCDで発売されました。その作品が「LIVE FROM RADIO CITY MUSIC HALL」です。ビデオ(94分)ASIN:6302587735 とCD(74分)ASIN:B0000028V2 がありますが、これは是非ビデオで観ていただきたい名ステージです。もうライザ、すご過ぎ!1部はライザの歌をじっくり聴かせるコンサート、2部はライザと12人の女性(16歳から60歳)が歌い踊る舞台という二幕構成となっています。
 1部では、一瞬にして歌の世界に入り込み、その人物になりきるライザが見事。さすが女優ですね〜。ライザのアイドル、シャルル・アズナヴール(客席にいます)の2曲は、残念ながらビデオにしか収録されていません。「QUIET LOVE」はアズナヴールの「声のない恋」を英語に翻訳したもので、手話を交えながら聾唖者との愛を物語ります。また、1930年代にこのホールで美術監督を務めていたという父ヴィンセント・ミネリへの賛辞「SEEING THINGS」は、古い写真やホールの倉庫で見つかったヴィンセントの描いた衣装や舞台背景のデザインの映像を交えながら、夢想家の父と現実家の娘の'物事の見方'の違いを歌う、1部のクライマックスとなっています。
 2部がこれまたハイライトの連続!12分に渡る「MEN'S MEDLEY」の楽しさ!特に「NATURAL MAN」でのライザの踊りのカッコ良さには惚れ惚れします(註:このメドレーのCDの曲目、作者クレジットには抜け/間違いが多く、判る範囲で訂正しています)。「YOUR TROUBLES/TIPPERARY」のメドレーはライザの師、ボフ・フォッシーへのオマージュで、フォッシー風振付を13人全員で踊ります(こちらもビデオのみの収録)。そして感動のフィナーレへと…。ホントに涙無くしては見れませんよ〜(お前の涙ほど廉いものはないって!)。
 この後、数度に渡る腰やひざの手術、ポリープ除去、変声期?&更年期…等、さまざまな困難に見舞われるライザですが、この作品では脂の乗りきった40代のライザの姿を見ることが出来ます。お勧めですよ。

  • LIVE FROM RADIO CITY MUSIC HALL (1992)

PRODUCED BY PHIL RAMONE AND CHRIS GIORDANO


(Act I)

01. OVERTURE (John Kander, Fred Ebb)
02. TEACH ME TONIGHT (Sammy Cahn, Gene De Paul)
03. OLD FRIENDS(From "Merrily We Roll Along") (Stephen Sondheim)
04. LIVE ALONE AND I LIKE IT(From "Dick Tracy") (Stephen Sondheim)
05. SORRY I ASKED (John Kander, Fred Ebb)
06. SO WHAT (John Kander, Fred Ebb)
07. SARA LEE (John Kander, Fred Ebb)
08. THERE IS A TIME(Le Temps)(From The Musical Production "The World Of Charles Aznavour") (Charles Aznavour, Jeff Davis, Gene Lees)
09. QUIET LOVE(Mon Emouvant Amour) (Charles Aznavour, 英詞???)
10. SOME PEOPLE (Stephen Sondheim, Jule Styne)
11. SEEING THINGS (John Kander, Fred Ebb)


(Act II)

12. STEPPING OUT (John Kander, Fred Ebb)
13. I WANNA GET INTO THE ACT (Marshall Barer, Mary Rodgers)
14. MEN'S MEDLEY :
・STOUT HEARTED MEN (Oscar Hammerstein II, Sigmund Romberg)
・IT'S RAINING MEN (Paul Jabara, Paul Shaffer)
・SOMEDAY MY PRINCE WILL COME (Frank Churchill, Larry Morey)
・FOR EVERY MAN THERE'S A WOMAN (Harold Arlen, Leo Robin)
・SLOW HAND (John Bettis, Michael Clark)
・JOHNNY ANGEL (Lyn Duddy, Lee J. Pockriss)
・NO MORE TEARS(ENOUGH IS ENOUGH) (Paul Jabara, Bruce Roberts)
・MY MAN'S GONE NOW (Ira Gershwin, George Gershwin, Dubose Heyward)
・??? (???)
・NO WAY TO TREAT A LADY (Bryan Adams, Jim Vallance)
・THE GLORY OF LOVE (Billy Hill)
・MY MAN (Jacques Charles, Channing Pollack, Albert Willemetz, Maurice Yvain)
・BOY! WHAT LOVE HAS DONE TO ME! (George Gershwin, Ira Gershwin)
・MISTER SANDMAN (Pat Ballard)
・??? (???) *SHOP AROUND (Berry Gordy, Jr., Smokey Robinson)は間違い
・DADDY (Bobby Troup)
・NATURAL MAN (Sandy Baron, Bobby Hebb)
・I LIKE 'EM BIG AND STUPID (Julie Brown, Charlie Coffey, Ray Colcord, Terrence McNally)
・BEWITCHED, BOTHERED AND BEWILDERED (Lorenz Hart, Richard Rodgers)
・IT NEVER ENTERED MY MIND (Lorenz Hart, Richard Rodgers)
・THE MAN I LOVE (George Gershwin, Ira Gershwin)
15. PACK UP YOUR TROUBLES IN YOUR OLD KIT BAG (AND SMILE, SMILE, SMILE) (George Asaf, Felix Powell)
IT'S A LONG, LONG WAY TO TIPPERARY (Jack Judge, Harry Williams)
16. IMAGINE (John Lennon)
17. HERE I'LL STAY (Alan Jay Lerner, Kurt Weill)
OUR LOVE IS HERE TO STAY (George Gershwin, Ira Gershwin)
18. THERE'S NO BUSINESS LIKE SHOW BUSINESS (Irving Berlin)
19. STEPPING OUT(Reprise) (John Kander, Fred Ebb)
20. NEW YORK, NEW YORK (John Kander, Fred Ebb)