Kontaの歓びの毒牙

映画と音楽が大好きです。ホームページ KONTABLOID はこちら http://www5d.biglobe.ne.jp/~ktabloid/

ライザ・ミネリ 「LIZA WITH A ”Z”」

1972年は‘ライザの年’だったのさ〜。

 映画「キャバレー」ASIN:B0000CCNGK 公開により、ライザ・ミネリ(Liza Minnelli)の人気がピークに達した1972年に制作されたテレビ・スペシャルのサントラ盤で、COLUMBIAレコードからの第1弾。制作・演出・振付は「キャバレー」のボブ・フォッシー(Bob Fosse)が担当。このTV番組は同年9月に全米で放映され、エミー賞も受賞しました。実はまだ映像を見たことがないんです(涙)。収録曲はライザのお馴染みレパートリーのほか、ジョー・テックス、ダスティ・スプリングフィールドのヒット曲のカヴァー、1970年の映画「ライアンの娘」の主題歌「IT WAS A GOOD TIME」、シャルル・アズナヴールの「のらくらもの」にフレッド・エッブが英詞をつけて改作した「YOU'VE LET YOURSELF GO」など…。10分を超える「キャバレー」メドレーをハイライトに、乗りに乗っているライザの歌声が堪能出来ます。アルバム自体も大ヒットとなり、現在でもCDASIN:B0000024ZO で入手可能。映像も再発希望!

  • LIZA WITH A "Z" : A Concert For Television (1972)

(A)
01. YES (John Kander, Fred Ebb)
02. GOD BLESS THE CHILD (Arthur Herzog Jr., Billie Holiday)
03. SAY LIZA(LIZA WITH A "Z") (John Kander, Fred Ebb)
04. IT WAS A GOOD TIME (Mike Curb, Mack David, Maurice Jarre)
05. I GOTCHA (Joe Tex)
06. RING THEM BELLS (John Kander, Fred Ebb)

(B)
01. SON OF A PREACHER MAN (John Hurley, Ronnie Wilkins)
02. BYE BYE BLACKBIRD (Mort Dixon, Ray Henderson)
03. YOU'VE LET YOURSELF GO(Tu T'Laisses Aller) (Charles Aznavour, Fred Ebb)
04. MY MAMMY (Walter Donaldson, Sam M. Lewis, Joe Young)
05. MEDLEY OF TUNES FROM "CABARET":
・WILLKOMMEN (John Kander, Fred Ebb)
・MARRIED (John Kander, Fred Ebb)
・MONEY, MONEY (John Kander, Fred Ebb)
・MAYBE THIS TIME (John Kander, Fred Ebb)
・CABARET (John Kander, Fred Ebb)
06. BOW(LIZA) (George Gershwin, Ira Gershwin, Gus Kahn)