Kontaの歓びの毒牙

映画と音楽が大好きです。ホームページ KONTABLOID はこちら http://www5d.biglobe.ne.jp/~ktabloid/

「CABARET」 サントラ盤

アンタ、人生はキャバレーよ!

 この映画「キャバレー」が死ぬほど(死にたくないが…)好き!1977年の11月18日に初めてテレビ放映された時に観て、もうハマリまくりました!ライザ・ミネリ(Liza Minnelli)が演じたサリー・ボウルズ役の声は、天地総子さんが吹き替えていらっしゃいましたね。実はこのテレビ放映版は、映画のフィナーレ部分他、大幅にカットされたものだったと後で判るのですが、それでも素晴らしかったです。ライザはもちろん、出演者がみんな最高なんです。僕はその後、すぐにライザの歌う「CABARET」のシングル盤を買って、延々と聴いてました〜。アルバムももちろんお勧めです。これは古典的名作なので、あまり今さら僕から言う事もないですよね。
 MC役のジョエル・グレイ(Joel Grey)ASIN:B0002OOUV4 さんなのですが、2003年9月に「THE BOY FROM OZ」のブロードウェイ舞台を観に行った時、僕らが行ったイタリア料理店のお隣の席で食事されててビックリ!とっても嬉しかったです。女性1人、男性1人の3人でいらっしゃいましたが、たぶんオープンを控えていたミュージカル「WICKED」ASIN:B0000TB01Y 関係の方と一緒だったのでしょうね。
 サム・メンデスロブ・マーシャルのリバイバル版「CABARET」ASIN:B000007QGL の舞台もその時(やっと)見たのですが、ラテン系歌手のジョン・セカダ(Jon Secada)ASIN:B00005GKW4 がMC役で出てて、ひどいミス・キャストでした(泣)。ハムみたいな身体のニブそうなMCはちょっとね…。それより激ムカついたのが、僕の後ろに座ってたカップル!最初からず〜っとしゃべりっぱなしで、とうとう大名曲「MAYBE THIS TIME」が始まった時、僕もブチ切れて"すみませんが、静かにして下さい"って振り返って英語で言いました(そのカップル、英語圏の人ではなかったですが)。周りの皆がホント大迷惑してたんですよ〜。その後も怒りでしばらく舞台に集中できませんでした(キィーッ)。まあ、休憩時間に周りの人たちから'よくぞ言ってくれた'って、感謝されましたけど…。で、そのカップルなんですが、2幕目からいなくなりました(観る気がないなら最初から来るな〜っ!)。
 肝心の舞台ですが、'もうみんな映画版を観てるから知ってるでしょ'っていうかなりラフな作りでしたが、最後で思いっきり引き締めますね。「ベント」ASIN:B00005FVJ5 はもちろん、マシュー・シェパード(Matthew Shepard)の事件をもいやがうえでも思い起こさせる終末が強烈で成功していました。このラストの為に作品があると言えるぐらい。
 ライザから話がそれてしまいましたが、日本版「ボーイ・フロム・オズ」を観るつもりで、でも'ライザ・ミネリって誰?'っていう方がもしいらしたら、ぜひ映画版「キャバレー」ASIN:B0000CCNGK をご覧になることをお勧めします。この映画を観ないで死ぬのは(死にたくないでしょうが…)絶対一生の大損ですよ!サントラ盤CDASIN:B000005KOH も入手可能。

  • CABARET : Original Soundtrack Recording (1972)

(A)
01. WILLKOMMEN (John Kander, Fred Ebb) - Joel Grey
02. MEIN HERR (John Kander, Fred Ebb) - Liza
03. TWO LADIES (John Kander, Fred Ebb) - Joel Grey
04. MAYBE THIS TIME (John Kander, Fred Ebb) - Liza
05. SITTING PRETTY (John Kander, Fred Ebb)

(B)
01. TILLER GIRLS (John Kander, Fred Ebb)
02. MONEY, MONEY (John Kander, Fred Ebb) - Liza & Joel Grey
03. HEIRATEN (MARRIED) (John Kander, Fred Ebb) - Greta Keller
04. IF YOU COULD SEE HER (John Kander, Fred Ebb) - Joel Grey
05. TOMORROW BELONGS TO ME (John Kander, Fred Ebb)
06. CABARET (John Kander, Fred Ebb) - Liza
07. FINALE (John Kander, Fred Ebb) - Joel Grey