Kontaの歓びの毒牙

映画と音楽が大好きです。ホームページ KONTABLOID はこちら http://www5d.biglobe.ne.jp/~ktabloid/

ライザ・ミネリ 「NEW FEELIN’」

今となっては美しい愛の思い出よ(ウソ)

 ライザ・ミネリ(Liza Minnelli)の6枚目(1970年)のアルバムで、収録曲目からわかるようにスタンダードを、当時の'今風'なサウンドで焼きなおしたもの。確かに名曲が並んでいますが、しかし、このアレンジはあまりにも安すぎません?プロデュースと編曲を、ライザの当時の恋人レックス・クレイマーが担当(ピーター・アレンとの結婚生活はすでに破綻していました)。ライザはテキサスでThe Bojanglesというバンドを見つけて気に入り、彼らを自分のショーに共演者として招きましたが、このグループにいたのがレックスでした。ライザと彼の関係はそう長く続かず、翌1971年の映画「キャバレー」ASIN:B0000CCNGK 撮影中にはもう冷めてしまった模様ですが…。この後、ライザの男関係は急に激しくなってゆきます(笑)。ライザの伝記ISBN:4811006054 を読むと'レックスは楽譜も読めなかった'という記述もあったりして、そんな人に編曲まかせていいもんなんでしょうか?それにジャケット写真の撮影まで彼って…。典型的'色ぼけ'アルバムってこういうの?(泣)。「ULTIMATE COLLECTION」ASIN:B00005R8GS で7曲が聞けます。

  • NEW FEELIN' (1970)

PRODUCED AND ARRANGED BY REX KRAMER

(A)
01. LOVE FOR SALE (Cole Porter)
02. STORMY WEATHER (Harold Arlen, Ted Koehler)
03. COME RAIN OR COME SHINE (Harold Arlen, Johnny Mercer)
04. LAZY BONES (Hoagy Carmichael, Johnny Mercer)
05. CAN'T HELP LOVIN' THAT MAN (Oscar Hammerstein II, Jerome Kern)

(B)
01. (I WONDER WHERE MY) EASY RIDER'S GONE (Shelton Brooks)
02. THE MAN I LOVE (George Gershwin, Ira Gershwin)
03. HOW LONG HAS THIS BEEN GOIN' ON ? (George Gershwin, Ira Gershwin)
04. GOD BLESS THE CHILD (Arthur Herzog Jr., Billie Holiday)
05. MAYBE THIS TIME (John Kander, Fred Ebb)