読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kontaの歓びの毒牙

映画と音楽が大好きです。ホームページ KONTABLOID はこちら http://www5d.biglobe.ne.jp/~ktabloid/

ペイトンプレイス物語 その1

セピアがなぜか緑色に…ネガの劣化か?

 もう最近すっかり回顧モード入ってます。

 先日の地震で恐くなって、クローゼットの中の棚を壁にしっかり固定しないとと思い、物で溢れかえったクローゼットの中を整理しました(と言っても、物は捨てられない人間なので、整頓というのかな)。普段は見ない奥の方の引き出しや棚から、中学時代大ファンだったライアン・オニールの切り抜きや、自分でそれらを貼って作ったスクラップ・ブックやアルバムなんかが、出てきた〜!(笑)。う〜ん、もうこの頃からしっかりマニア(何の?)だったのね。
 それと一緒に大好きだったテレビ・シリーズ「ペイトンプレイス物語/PEYTON PLACE」の第1回放映分の写真とネガも発見!そう、ビデオがない時代だから、カメラ(その頃、僕は'写真機'と呼んでました)で、テレビの画面を撮ったんだわさ。涙ぐましいファン心理!!嬉しくなって、そのハーフ(これも古いね〜)のネガを全部、焼き増しに出してしまいました。
 「ペイトンプレイス物語」、絶対日本にも大ファンがいるはず。ファン・サイトがあってもおかしくないくらい面白いテレビ・シリーズでした。もともと、グレース・メタリアスという方が1957年に発表したベスト・セラー小説「PEYTON PLACE(楡の葉のそよぐ町/ペイトン・プレイス物語) 」が原作で、それが2つの映画になり*1、その後テレビ・シリーズ化され、1964年9月から約6年間、1話30分で毎週2回、米ABCで放映された人気番組です。日本でも1965年に半年程?放映されたようですが途中で打ち切られ、全514話が日本で完全放映されたのは、東京ではTBSテレビで1976年10月4日から1978年12月15日、大阪では朝日放送、1977年9月5日から1981年9月7日でした。前半の267話までが白黒で、残りがカラー撮影。日本で放映された時は、白黒撮影のものがセピア・カラーで放映され、それでも話題になりました。
 テレビ・シリーズの物語は原作とはかなり違うものですが、これがまたすごく良く出来ているんですよね。それに出演している俳優がまたいいの!ライアン・オニールはもちろん、ドロシー・マローン、エド・ネルソン、ミア・ファロー、バーバラ・パーキンス、クリストファー・コネリー、ジェームズ・ダグラス、ティム・オコナー、ラナ・ウッド(ナタリーの妹)、リー・グラント、ジョン・カー、ジョージ・マクレディ、リー・テイラー・ヤング、ジーナ・ローランズ、ダイアナ・ハイランド(トラボルタの今は亡き偽装恋人)、バーバラ・ラッシュ、レスリー・ニールセン…もっともっと、もうクラクラします。
 で、写真が出来てきたので、ここでは一枚のみ、番組最初にいつも登場したライアン・オニール様のアップを公開します(出し惜しみじゃないのよ、要望があれば、いずれ全部公開するかも)。そうロドニイ・ハリントンが役名でした!めちゃぼやけてるけど許してね。あの'悪趣味(褒め言葉ですぅ)の帝王'ジョン・ウォーターズも「ペイトンプレイス物語」の大ファンだったことは知ってたけど、今ネットで検索してみたら、僕と同じようにテレビ画面を写真で撮ってたんだって!John Waters「Change Of Life」ISBN:0810943069 という本でその写真を公開しているとか。欲しくなってきたじょ〜。ジョン・ウォーターズダグラス・サーク好きだし、僕達って趣味が合いそう(一部除く)。

http://members.aol.com/AlisnRod/
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/6302000661/qid=1095418875/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-5426619-3750742
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/6302000653/qid=1095418875/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/249-5426619-3750742
http://www5d.biglobe.ne.jp/~ktabloid/

*1:「青春物語/PEYTON PLACE」(1957年)と「青春の旅情/RETURN TO PEYTON PLACE」(1961年)、こちらの映画2本も好き!